Topics

トピックス

小林ダイヤ > トピックス > 特許製品開発秘話 > 回転工具(Koba Cut V)

回転工具(Koba Cut V)

特許製品開発秘話 | 2021.05.18

名称:回転工具(Koba Cut V)

特許番号:第5305108号

登録日:平成25年7月5日

 

どのような特許か

LED基板用、アルミ、銅基板専用の低抵抗型V溝カッターの発明。

開発理由・経緯など

LED基板として放熱性の良いアルミ材が使用されるようになりましたが、従来のプリント基板用V溝カッターでは溝加工精度が悪く、お客様より専用カッターの開発依頼を受け、本形状を完成させました。

こだわり

切削抵抗、切り屑形状をいかにクリアーするかが大きな課題となり、ダイヤ材質含め総合的に所内試作と評価を繰り返し、本形状による加工プロセスに到達しました。

特許取得後の実績など

お客様の実機性能評価で他社製加工長が4,000mであるのに対し、Koba Cut Vは8,000mまで加工することが可能となり、長年ご使用いただいております。

Koba Cut V加工メカニズム

V溝を左右交互に加工し切削抵抗を抑制しております。

*アルミ、銅基板はUP-CUTの方が切り屑の噛み込みもなく良好に仕上がります。

*Koba Cut V は低抵抗のために切り屑形状が木の葉上に大きく排出されますので、加工機の集塵能力増強や吸引口調整、または強制エアーブローなどが必要になる場合が御座います。これらを回避する手段として特許製品ではありませんが、両刃タイプの高精度

Koba Cut Vも取り揃えておりますので、ご相談頂きます様、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 
一覧へ

導入のご検討・ご相談はこちらから

個人情報保護方針について

Copyright© 小林ダイヤ All Rights Reserved.